From Hiroshi’s sons ~父の死に寄せて

家族写真

いつも父と親しくして下さった皆様へ
清水宏の長男、清水大地と申します。本人に代わって、大切なご報告をさせてください。去る2021年2月17日夜、雪の降る中、我々の父 清水宏が、家族に見守られながら永眠いたしました。

Dear Hiroshi's good friends,
please let us inform you all that our father Hiroshi has passed away.
(See below for the English version.)

続きを読む >

2021年 世界で一番の皮膚科学教室へ

清水宏

医師という職業に興味を持ったのは、大学進学のときであった。
慶應高校から慶應義塾大学に上がる際、どの学部でも無試験で進学できるくらいに成績はよかったため、物理学か医学で迷った末、興味を持ち始めていた医学の道に進んだ。 同じく慶應義塾大学の経済学部を卒業した父からは、「医師は視野の狭い人間が多い」と言われ、医学部に進んでみて実際に同じように感じたものの、「私は視野の狭い医者にだけはなるまい」という強い思いを抱いたことを覚えている。

続きを読む >

2019年 留学 再考

このたび、教室の大学院生、渡邉美佳医師と、鎌口真由美歯科医師が、学位取得後に、日本学術振興会の留学基金を得て無事留学の運びとなり、安堵している。私が若かった頃は、欧米諸国の方が圧倒的に研究が進んでいたため、上を目指すためには留学するのが当たり前であった。留学のポストを狙って、同僚との競争も激しかった。しかし、最近の若い日本の学生は海外留学に行きたがらない人も多く、私たちの年代と比較して、留学者数も減っているそうだ。

続きを読む >

2018年 初心忘るべからず

私が皮膚科の存在を初めて意識したのは、医学部6年生の時にアマゾン川流域に1か月ほど滞在したときであった。現地の病院を見学した際、受診する多くの重症患者が皮膚に激しい変化を来たしているのを知った。強いショックを受け、このような難病と闘う皮膚科という学問は医師としてのロマンだ、私はこういう重症の皮膚病患者を治して、国際難民キャンプなどで働き、社会に貢献したい、と心から思った。

続きを読む >

123